派遣メリット|副業から夢実現:柔軟な働き方からの起業プラン

※本ページはプロモーションが含まれています。

起業・副業

この記事では、派遣で働く事のメリットについて記しています。派遣労働者として柔軟な状況で働いている期間を活用しない手はありません。副業を始めて起業する。起業しやすい現代において、派遣労働者としてのメリットを改めて見直してみましょう。早ければ5年以内、遅くても10年後の働き方のステータスは現在とは真逆となっているかもしれません。一流企業で働いている事はマイナスとなってる社会が訪れる可能性もあるわけです。恐らく、AIの進化が大きく関わってくるものと考えています。

派遣で働く一般的なメリット

  1. 柔軟な働き方: 派遣労働者は仕事の需要に応じて柔軟に働くことができ、ライフスタイルに合わせた働き方が可能です。
  2. 様々な経験の機会: 派遣労働者は異なる企業や業界で働く機会があり、多岐にわたる経験を積むことができます。
  3. 雇用のスピード: 派遣は企業が急務のプロジェクトや業務に素早く対応する手段となり、雇用プロセスが迅速に進むことがあります。
  4. 専門スキルの向上: 派遣労働者は様々な業務に携わることで、広範なスキルを身につけ、職務経験を積むことができます。
  5. 新しい人脈の機会: 派遣先での仕事により、様々な人と出会い、ビジネスネットワークを広げることができます。
  6. 雇用先の選択の自由度: 派遣労働者は自分が働く場所や企業を選ぶ自由度があり、自分の興味や適性に合った場所で働けます。
  7. ワークライフバランスの向上: 派遣労働者は柔軟な働き方が可能なため、仕事とプライベートのバランスを取りやすい環境が提供されることがあります。

派遣で働く目的

  1. 副業をプラス: 何か副業を始めたい。副業をしている場合に、収入の確保の為に派遣労働者として働く。
  2. 起業の準備: 副業が軌道に乗ると起業への道が拓かれます。起業の為の準備期間として派遣労働者として働きながら副業を進める。
  3. 一時的な収入源: 何かしらの理由で3ヶ月~1年間だけ別の仕事をしなければならないといった場合に、派遣労働者として一定期間働く。

今後の副業

一昔前の副業と言えば、本業以外の時間、例えば休日や退勤後に別の所で働く事が一般的でした。しかし、現在では、ネットを活用した副業が一般的となっています。転売やアフィリエイト、ウェブライター等々といったものです。

要するに、朝7時~夜10時まで、週休2日という時間の中で、本業と副業とプライベートを成立させなければならなかったわけです。しかし、現在では、半不労収入的な副業を行えるようになった為、時間に制約が無くなっている状況となっています。

気軽に起業するには

ほぼノーリスクで起業するには、初期投資や起業にかける時間といったリスクを”ゼロ”に近くした副業を始める事だと私は考えています。その副業が軌道に乗れば起業すれば良いという事です。

例えば、個人の経済状況にもよりますが、初期投資1万円で始められる副業を五つ始める。
それぞれが月に5万円の利益を生み始めれば、派遣は辞める事が出来ます。
五つの内、一つが30万円の利益を毎月生む出しても派遣は辞める事が出来ます。
半年後にダメになっても派遣に戻れば元の通りです。

まとめ

この記事に書かれている事は、あくまで私個人の見解であり、以下の事柄を考慮した場合の考え方です。
〇副業や起業するのに必要なスキルや資金が無くても収入を増やせる可能性
〇「自身がやり合い事・自身の能力で出来る事」に捉われない現代の副業・起業
〇派遣労働者として働いている事を活かす